賃貸ニンジャの秘密日記!

マンション管理はAIの時代へ?

昔は、入居者の募集のみを不動産会社が行い、それ以外のことは大家さんがしていたそうです。現在ではマンションの管理には専門知識やノウハウが必要なので、管理会社が行うようになっています。将来的には、AIがほとんどの業務を行うようになる言われています。AIが普及したら、不動産会社の仲介も必要なくなるかもしれません。

そうなったら仲介手数料が必要なくなるので、一般消費者にとってはメリットです。AIの導入にはコストがかかるので、すぐには実現しないでしょうが、10年後には今とは状況が大きく変わっている可能性があります。スマートフォンも登場してすぐには普及しませんでしたが、10年後には持っていない人のほうが珍しいという状況になっていました。やはりキーとなるのは導入コストの問題で、資金力がある大手不動産会社から実現していくことになりそうです。

具体的にどう変わっていくかですが、AI管理人が24時間体制でマンション移住者の問い合わせなどに音声で答えるようになるというのが1つの変化です。AIは機械なので、24時間サービスの質を落とさずに活動できます。機械のほうが優れている部分もあり、人間のほうが優れている部分もあるので、両方をうまく組み合わせたら今よりも良いサービスとなりそうです。マンション管理人は給料が安いわりに、仕事内容はハードと言われています。

モンスター住民のせいでメンタルがやられてしまうこともあるそうです。そのため、AI化が急がれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です